当研究所は、1950年に設立され今年の2018年で68年の長い歴史を持っています。
1952年に第一回発表会を開催して以来、今年まで120回以上の発表会を行っています。

当研究所ではまず、生徒たちにバレエが大好きになってもらうことを第一の目的としています。
その次に生徒たちが皆で協力し合い思いやりをもってバレエの作品を創造し表現してゆくことを目指しています。

そして生徒それぞれが持っている才能や、感性を引き出し全身で表現するよろこびを味わってほしいと願っています。

もちろん、心の思いを表現するために大切なバレエの基礎となるテクニックを日々のレッスンでしっかりと身につける様に指導し、その上日々の生活の中から風や光、水のような大自然の中の豊かさに心動かし、感動したことを音楽とともに楽しく表現できる様に指導してゆきたいと心がけています。

石井清子